Welcome to my Blog!

プリン片手にプラモ作ります!
突然お祭り野郎の血が騒ぎだす(ノ`△´)ノ

プリンのプはプラモのプ

29
2017  01:10:39

オーラバトラーライネック制作7

ども、こばゆうです( *・ω・)ノ
このブログのタイトル、「カンペキ塗装ガイド プはプラモのプ」という指南書のオマージュなんですが、その著者が越智信善さんという有名なプロモデラーで、実は私が最初に感銘を受けた方です。この方の影響で本格プラモ道に足を踏み入れたと言えます。
今は何してるかわかりませんが、かつてはCSフジテレビでやっていた「プラモつくろう!」という番組に幾度も出演し美技の数々を披露しておられました。
DVDにしてあったその番組をたまたま、ほんとたまたま見たんですが、その中で越智氏がオーラバトラーを作っている回があったではないですか( ゜o゜)!!
作っていたのはレプラカーンでしたが、これはかなり参考になりそうとマジマジと2度も見てしまいました。
とにかくめちゃめちゃカッコ良くって、ライネックと同時にレプラカーンも買ってあるのでひょっとしたら全く同じ様に作ったりしちゃうかもしれません。
久々に見たけど、やっぱり越智氏はすごいなぁと思ったとさ( ´_ゝ`)

何だか超絶技で作られたレプラカーンを見たあとだと、自分のライネックがダサく見えてきましたが…(-_-;)
プロと比較してもしゃーないんで、本日の素人オーラバトラー制作記に参りたいと思います。
まずは残ってたカカトの加工。
DSC_0151-1024x768_20171029000132b7e.jpg
前回の前3本組のやつと同じ加工をしました。
組み合わせたらこう↓
DSC_0152-1024x768_20171029000136cd6.jpg
ちょっと分かりにくいですかね?

そして、股関節ブロックのち○こ部分。
DSC_0163-768x1024.jpg
ち○こ以外の何物でもない(笑)
DSC_0148-1024x768_201710290001357d9.jpg
削ってしまおうか悩んだ末、逆に、あえて強調しました。
ただし、素組みでは先っぽから何かが出そうな感じになってたのを廃止して(それじゃあまりにもち○こなので…)サソリのシッポとハチの針を組み合わせた様なイメージを持って加工。
段差を上手く付けられた気がします!
これ、実はルキフェルを弄ってて沸いた発想です。
14roeさんのおかげ(о´∀`о)

それから膝のトンガリを鋭利に↓
DSC_0153-1024x768_20171029000138d48.jpg

肩アーマーが薄っぺらかったのでパテ盛りしてボリュームアップ↓
DSC_0154-1024x768.jpg
ここはもうちょっと形が変わるかもしれません。

そして、キャノピー上部の縁にトゲトゲディテールをプラス↓
DSC_0149-1024x768_20171029000142120.jpg
カニの甲羅をイメージしました。
トゲの本数は左右揃えて、でも1つずつの形は左右不揃いにしてあります。
これは、より生物感を出すための演出のつもりです(^-^;

ここまでを組んでみました↓
DSC_0150-1024x768_201710290001414ab.jpg
素組みと比較。
DSC_0161-768x1024.jpg
だいぶ良くなってきたような気がします!

次回は足の爪の制作からですね。
DSC_0147-1024x768_20171029000134df4.jpg
1つずつ作るのが面倒になったので、急遽100均でお湯まるくんを購入して複製しました。
お湯まるくんすげえヽ(*´▽)ノ♪

実はライネックがかなり楽しくなってきていまして、また缶サフの在庫切れもあったりしてルキフェルは現在中断中です(;・∀・)
ひょっとしたらライネック終わるまで中断し続けるかもしれませんが…ルキフェルも必ず完成させますのでその旨どうかご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

本日は以上です!
今日もご覧くださりありがとうございました!
こばゆうでした( *・ω・)ノ

 1/72 ライネック

 ダンバイン ライネック オーラバトラー 越智信善 プはプラモのプ

8 Comments

かさばる兄さん(かさ兄)  

こばゆうさん、おはようございます!

越智さん懐かしいですね!
ぷらつくとぷらつくカスタムはほぼ全部見ました^^
今でもyoutubeに転がってますよね!

記憶では、「べっ甲風塗装」の回でしたっけ。
いろいろ工夫されていて、
装甲=甲殻という解釈がすごく面白かったと記憶しています!

確か、ぷらつくの中でご本人、模型店をされてたようなので、
今でも継続されているのかなぁ。
体調とか壊してなければいいんですけど。

ライネック、各部の鋭利化と、胸部の生物アレンジがいいですね^^
全体像見ると、なだらかでメリハリの弱い肩部分の改造が凄く効いてると思います^^
続きもがんばって!^^

2017/10/29 (Sun) 06:54 | EDIT | REPLY |   

テツ(8641FS)  

こんにちは~

ブログ更新ごとにライネックが生物生物していきますね~
バストアップのトゲトゲには自分に無い感覚なので感動すら覚えました!(笑)

そしてお湯まるくんでの複製ですが、複製の素材はエポパテですか?
レジンとかしか使うイメージが無かったので気になります!
プロモデラーのこばゆうさん、やり方含めて教えて~~!(笑)
では、また~

2017/10/29 (Sun) 09:52 | EDIT | REPLY |   

てかと  

オーラちからが上がってきたら股間の爪?が相手に飛んでいく仕様ですねw
俺はこういうギミック好きです。
ちなみに今ダンバイン10話まで見ました。ここまで見た感想は若さっていいなw

2017/10/29 (Sun) 13:09 | EDIT | REPLY |   

こばゆう  

To かさばる兄さん(かさ兄)さん

こんにちは!

越智さんのレプラカーンはそうです、べっこう塗装です(^_^)
かなり見ごたえのある回でした!
どうやら噂によると模型店マエストロは閉店しているらしいです(ToT)
2005年時点で46才だったので今は58才ですか…まだモデラーやってるんでしょうかね?ちょっと気になってきました( ´_ゝ`)

ライネックお誉めいただきありがとうございます!
肩は効果ありだと我ながら思っております(笑)
残りも頑張りまーす!!

2017/10/29 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   

こばゆう  

To テツ(8641FS)さん

こんにちは!

生物生物、良い響きですねー(´∇`)
トゲトゲ我ながら良いアイディアでしたね!うん!(笑)

お湯まるくんの複製はエポパテです!
エポパテなら粘土質なので半割りの型でもしっかり型どれました(^_^)
硬化遅いのでやり直しも簡単にできますから僕的にはやり易かったです!
やり方は…お湯まるくんで型どってエポパテを詰める!詰めるときはオリャ!とかソリャ!とか言いながらやると上手くできます!
以上、プロの回答でした!(笑)

2017/10/29 (Sun) 16:18 | EDIT | REPLY |   

こばゆう  

To てかとさん

こんにちは!

オーラちからが上がって飛ぶ…うん、そういうことにします!(笑)
10話くらいだと1回目のリムル拐いに失敗したくらいですかね?
最初の方の記憶が全然ありません(笑)
くわだてる→失敗する の連続でどこがどこだったか…(-_-;)

2017/10/29 (Sun) 16:55 | EDIT | REPLY |   

14roe  

こんばんは!

何だかお役に立てたのなら良かったです(;^_^A

ライネックも生体兵器感が増しており
他の皆さんが仰るように胸部ハッチの形状変更などオリジナリティを加えられて
御自分のものにされてますね!(^^♪

簡易複製に「お湯まるくん」便利ですねΣ(・□・;)

2017/10/30 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   

こばゆう  

To 14roeさん

おはようございます( ´_ゝ`)

14ディテは昆虫感がちょっとあるのでかなり使えそうです!
もっと入れたいと思ってます(о´∀`о)

胸部のトゲトゲは自分としてはかなり閃いた!って感じでしたのでそう言っていただけると嬉しいですねヽ(*´▽)ノ♪

単純な形のパーツならお湯まるくんは結構使えます!

2017/10/31 (Tue) 07:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment