プリンのプはプラモのプ

プリン片手に主にガンプラを作ってます!タイトルは某指南書のオマージュです(・o・)
0

インフォメーション

★当サイトはくっきぃ(女子)とこばゆう(男子)の二人で運営しております。 (注)恋人でも夫婦でもありません。 


★基本的にはガンプラを中心とした製作日記がメインになります。が、くっきぃがたまに独り言を言ったり暴走したりします。優しい目で見てあげてください。 

★リンクはフリーですが、コメントくだされば相互リンクさせていただきます。 

★製作したプラモデルの名前をそのままカテゴリ名にしていますので、手掛けた過去作品は何があるのかなーなんて気になる方はカテゴリをご覧ください。 なお、並びは上が最新で下に行くにつれて古いものになります。

★サイト上段のメニューは以下のとおりとなっております。 
HOME…このサイトのトップページへ移動します。
ABOUT…別サイト、モデラーズギャラリー様のこばゆう(yuw-k)のギャラリーページに飛びます。 じゃんじゃん投票してください。
GALLERY…このサイトで紹介したプラモデルの完成写真を集めたアルバムを見ることができます。 
SHOP…管理人がよく利用する模型店や通販サイトを一覧にした記事へ移動します。 管理人が何かを売っている訳ではありません(笑)
INFO…この記事へ戻ってきちゃいます(笑)

★右下の「top」ボタンを押すことでページの最上段への移動が可能です。 201612152356228a9.png

★左右の中段に表れる「矢印」を押すことでページの移動が可能です。
201612152356217d7.png 

それでは拙い内容ではございますが、ごゆっくりご覧くださいませm(_ _)m

0

利用ショップ一覧

当サイト管理人がよく使うショップ一覧(順不同)
※随時追加していきます。

プレミアムバンダイ「ガンダムシリーズ」
┗レアアイテムが手に入りますが、値段はお高めです。

秋月電子通商
┗電飾パーツが豊富に取り扱われています。

ミヤケ模型
┗北海道釧路市にある模型店です。よく行きます。

2

ブログ開始のご挨拶(こばゆう)

初めまして、こばゆうと申します。
ブログ開設にあたりご挨拶させていただきます。
このブログは私とくっきぃとの二人で更新していこうと思ってます。
私の方はプラモ歴10数年ですが、まだまだ下手くそです。
ここで色々チャレンジして腕を磨こうと思いますので、通りすがりで偶然見られた方もぜひぜひアドバイス宜しくお願いします( ´∀`)

0

「流星号」完成写真

初めましてでいきなり完成しててすいません。プラモ中級者の方のこばゆうです。
一番最近完成したものをご紹介します。
鉄血のオルフェンズより、シノの駆るグレイズ改弐「流星号」のラストシーンのジオラマです。
取りあえずご覧ください。
DSC_0526.jpg
正面から
DSC_0525.jpg
背面から
DSC_0539.jpg
右から
DSC_0531.jpg
左から
DSC_0533.jpg
真上から
DSC_0540.jpg
オルフェンズの中の好きな表現に、血のように吹きだすオイルがあります。
ここぞとばかりにやってやりました(笑)
DSC_0528.jpg
DSC_0537.jpg
DSC_0535.jpg
DSC_0536.jpg
正直、武器は無機物感が強くてあまりいじるのは好きじゃありません。感情移入が出来ないというか。
って、そもそもMS自体が無機物ですが(笑)
DSC_0534.jpg
ギロチンヘッド。
グレイズアインのパイルバンカーでズドン!
DSC_0527.jpg
モビルワーカーの製作が一番楽しかったです!
こちらは通常タイプからピックアップタイプに改造してあります。
DSC_0529.jpg
ラスト1枚
DSC_0538.jpg
最初からマニアックなチョイスですいませんです。
でも、近年見たガンダムの中でオルフェンズが最高にハマったのでつい作ってしまいました。

とりあえず私は、最初のうちは完成品を掲載していく方向で繋ぎたいと思います(笑)
当面はもう一人の方が製作日記をやってくれるはずですのでお楽しみに!

それでは、なるべくコンスタントに続けて行けるように頑張りますので、これからよろしくお願いいたしますm(_ _)m

0

GM×BUMP OF CHICKEN

どうも、こばゆうです。
ひと月くらい前に完成した、ガンプラは自由だ!を体現したやつをご紹介します。
DSC_001_convert_20160529203223.jpg
DSC_002_convert_20160529203254.jpg
BUMPが好きすぎてジムにBUMPをくっつけちゃいました(笑)
DSC_003_convert_20160529203456.jpg
ライブが始まる時にボーカルの藤原さんがとるキメポーズを再現したいだけで作りました。
DSC_004_convert_20160529203523.jpg
台座の金テープはライブの時に降ってきたヤツです。
DSC_005_convert_20160529203650.jpg
背中の羽根は「星の鳥」です。って知らないですよねー誰も(笑)
DSC_006_convert_20160529203735.jpg
青のレスポールは藤原さん愛用の物。弦を張りたかったのですが、小さすぎて上手く出来ませんでした(泣)
DSC_007_convert_20160529203806.jpg
見えない弦が張ってあると思って見てください。そうです。張ってあるんです。
DSC_008_convert_20160529204100.jpg
影がカッコいいんですよねー。
これもライブの演出のパクリです(笑)
DSC_009_convert_20160529204123.jpg
DSC_010_convert_20160529204151.jpg
DSC_011_convert_20160529204224.jpg
肩や腰のロゴは「おうちdeデカール」というデカール自作キットを使っております。
スネのやつは市販のアルファベットデカールです。
DSC_012_convert_20160529204253.jpg
アップで。
DSC_013_convert_20160529204330.jpg
本体はウレタン研ぎ出しでピッカピカに仕上げてあります。
DSC_014_convert_20160529204358.jpg
以上、ネタっぽいガンプラでどうもすみませんでした。
最後に、今回は白を研ぎ出ししたわけですが、質感が後半ずっと便器に見えて仕方なかったっす(笑)

0

プラモ狂四郎版 パーフェクトガンダムⅢ「レッドウォーリア」

こばゆうです。
今日は、過去作からレッドウォーリアをアップします。
DSC_0542.jpg
プラモ狂四郎世代には懐かしいMSですが、最近ビルドファイターズ絡みでキット化されました。
が、これは狂四郎にならいノーマルのガンダムから作ってます。
DSC_0543.jpg
2年くらい前に作ったような気がします。
そう考えると、2年で3体…寡作ですいません。
DSC_0544.jpg
可能な限り原作に忠実に、ギミックも再現しています。
胸のダクトにはしっかり隠しミサイルを搭載して、開閉ギミックも再現しています。
今となっては塗装はげが怖くて開けられませんが(笑)
DSC_0547.jpg
バズーカはドムから流用して作成したんですが、実はちっとも形状が似ていないことが判明、結局大改修しました。
あと、バズーカとバックパックのジョイント部分の描写が、昔のマンガなもんでメチャクチャあいまいで、コマによって形状すら違ったりし、「どないなっとんねん!」って言いながら作ったのもよき思い出(笑)
DSC_0546.jpg
確か、職場の先輩に貰って積んであった、なんかのイベント限定版HGガンダム(透明のヤツ)を見て何となく作り始めたような。
クリアーバージョンを台無しにしてすいません。
DSC_0548.jpg
実は主役機を作ったのはこれが初な気がします。
そもそもガンダムと名の付くプラモをほとんど組んだことがないという(笑)
プロヴィデンスくらいかな?プロヴィデンスもそのうちアップします。
とにかくモノアイラブです。
DSC_0549.jpg
でも、レッドウォーリアは例外的にかなりグッときますね!
上手く出来たと思います!

0

坊っちゃん専用ゲルググちゃん

こばゆうです。
ブログのトップ画像は完成品を新しい順に表示していくようにしています。
まだ二人合わせてもそんなに作品数が多くないので、全部載せられるかなと。
溢れかえったら古いのから順に消していこうかそのままにしようか考え中です。

さて、今回はレッドウォーリアよりも更に半年以上前だと思います。つまり今からだと3年くらい前ですか。
我が家の長男が1歳くらいの時だと思いますが、息子を題材にして作ったのがこのゲルググうちの息子カスタムです(笑)
DSC_0556.jpg
しかし、まともな発想で素直に作ることをしないなこいつは。って思ってません?(笑)
改めて振り返ってみると自分でもネタっぽいのばっか作ってるなーって思ってます。
DSC_0551.jpg
息子が辰年生まれの獅子座ってのと、名前に蓮が付くのとで、龍と蓮をモチーフに強そうなのを作ろうと。
獅子座はどっかに行っちゃいましたけど(笑)
なんか、ゲルググの頭って龍っぽくないです?一発でゲルググ使おうって決まりました。多分あのブタっ鼻が決め手ですね。
DSC_0552.jpg
盾と肩とヒザに初のべっ甲塗装を施してみました。
当時は上手くいったと思ってましたが、今見ると照りがちょっと足りないかなぁーと思います。
当時はウレタン持ってなかったのでラッカーでひと月くらいかけて一生懸命やったのを憶えてます。
DSC_0554.jpg
左手に龍のレリーフの入ったべっ甲の盾!右手には蓮をモチーフにした名付けてビームロータスナギナタ!
DSC_0553.jpg
胸と尻には蓮のレリーフ!腹には蓮の文字を刻んだ水晶!
DSC_0555.jpg
イカしてるぜ―!とか思って作ってたんだろうな、当時は(笑)
DSC_0550.jpg
ただまあ、和のテイストが出ててイイ感じっちゃあイイ感じですかね?

0

ゾゴック 旧キット改修版

こばゆうです。
今気付いたんですけど、画像がメチャメチャ粗くてすいませんΣ(ω |||)
スマホからPCにメールで送った段階で劣化してしまったようです。
が、もう面倒くさいのでやり直しません(笑)
どうせ過去作をタラタラと載せているだけなので。
過ぎたことはしかたない!やってしまったことはもうどうしようもないのです。人生もそうです。

では、粗い画像のまま進めます(・Д・)ノ
こちら1/144の旧キットのゾゴックの完全改修版です。
時期は4年くらい前かな?これと前後してSDのグフカスタムも作ってた様な記憶が。
それは後ほど。
DSC_0558.jpg
さて、旧キットと言えば、成形色は一色、可動はほぼなし、モナカで、当然スナップフィットなんかじゃない、アレのことですね。
DSC_0561.jpg
そんなわけでいじってない部分はほぼありません。
でも、なるべく別なキットから持ってくる、いわゆるミキシングとかはしないで作ろうとしたような気がします。
なので、パテとプラ板の塊だったハズです。でも、どこをどうしたとかもう忘れました(笑)
DSC_0559.jpg
しかし、ヒザだけはどうしても上手くいかずザクかなんかのモモとスネを持ってきています、確か!
DSC_0560.jpg
あとはもう、いじり倒してたので、工作が雑なとこもパーツの繋ぎが不自然なとこもたくさんあったためダメージ加工のウェザリング仕上げでごまかしました(笑)
DSC_0563.jpg
でも、コイツに対する愛着はとてもあったりします。
なぜなら、完成は4年前だとしても、着手は6年くらい前だったりするからです(´Д`lll)
DSC_0567.jpg
いじっては諦めて放り投げ、いじっては諦めて放り投げの繰り返し。
このままじゃいかんと、一念発起して完成させた思い出深いヤツなのです。
DSC_0562.jpg
みよこの雄姿!!
DSC_0566.jpg
悪そうに仕上がったと思います!

0

はじめましてのごあいさつ。

はじめまして。
超初心者モデラーのほうのくっきぃです。

中級者モデラーのこばゆうにさそわれまして、
制作日記はじめてみます。
……とか言って、昨日完成しました(笑)
はい、こちら↓
20160531104937af9.jpeg

初めてのガンプラに選んだのは、
SD シャア専用ザクII。
実はくっきぃ、ガンダムあまり知りません。
なので、なんとか知ってたザクをチョイス。
主人公ってあまり興味ないしね。
アンパンマンでもバイキンマン派だしね。

あ、ガンプラ始めたきっかけ。
こばゆうが『ガンプラ選手権』ってのを
開催しまして。
プラモなんて作ったことないけども…
何事も挑戦だいっ( ̄ー ̄)
…と思って参加したのがきっかけです。

次回から、これまでを振り返って
『超初心者モデラーの制作日記』的なやつを
アップしていきたいと思います。
ブログも初なので読みにくいかもしれませんが、
よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

0

SDグフカスタム(麦球仕様)

ようやく、くっきぃのあいさつが聞けたこばゆうです。
今日はSDのグフカスタムをご紹介です。
DSC_0568_convert_20160531201057.jpg
このへんになると、もういつ作ったかも定かではありませんが、ゾゴック製作とほぼ同じ時期だったと思います。
DSC_0571_convert_20160531201318.jpg
当時は電飾の技術などなく(今もないですが)、でも男子の憧れ、男のロマン、モノアイの点灯を夢見て、麦球を無理やり仕込んだグフカスちゃんです。
DSC_0569_convert_20160531201154.jpg
バックパックが異様にデカイのは電池を背負っているからです。
DSC_0570_convert_20160531201217.jpg
なんか開け方があったんですが、どうやって開けるのか忘れちゃいました(´・_・`)
DSC_0572_convert_20160531201343.jpg
製作当時の写真がありましたので、モノアイの点灯はそちらでご確認ください(笑)
13390664508104[1]
びかーん!
13390664364843[1]
バックパックを開けた写真もありました。
13390667998175[1]
うーん、今ならもっと上手に出来そう。
多分この辺から見るに堪えないクオリティになって行くと思いますが、これも私のモデラーとしての歴史ですので、恥を承知で余さず紹介していきたいと思います(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。